スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マットについて

(12月17日修正しました)

chocolateのcafe mat は 私、vanilla自身で
生地の収集、デザイン、縫製、SHOP運営を全て行っています。

私が好きなものだけを使って、好きなテイストのマットを
作成していきたいと思っています。

愛犬のために、100%天然素材を使用しています。
肌触りも考えて、綿(コットン)と麻(リネン)のみです。
(付属:レースやリボンは触れる部分が少ないため、天然素材以外も
使用しています。また、間にはさんでいるキルト・ドミット芯も化繊になります)

マットは、縦、または横にパッチワークの接ぎ目にあわせて
ステッチをかけています。
間にはさんだキルト・ドミット芯(綿)がよれないように
個々の生地の縮率の違いをカバーするためです。

裏生地や間にはさむキルト・ドミット芯の厚さによって
ふわふわ感の強いマット、しっかりめのマット、やわらかいマットが
出来上がります。
chocolateでは2種類のキルト芯と1種類のドミット芯を使用しています。

wata.jpg



左は厚さ0.5C 右は厚さ1.0Cのキルト芯。
0.5Cだと少し厚みがあるかな?という程度に
1.0Cだとかなりふわふわに仕上がります。
キルト芯は、一般的にキルト生地の間に挟まれている
荒い密度のふわふわ感の強い綿です。

画像はありませんが、キルト芯の0.5Cと同じ厚さの
ドミット芯も使用しています。
ドミット芯はアメリカンパッチワークのタペストリーなどに
使用されている綿です。
キルト芯に比べると密度が濃く、しっかりしています。

chocolateでは、0.5Cのキルト芯をはさんだ、薄手のものを
cafe mat
0.5Cのドミット芯をはさんだ、しっかりめのものを
stay mat
1.0Cのキルト芯をはさんだ、ふわふわのものを
sleep mat  と表現します。

もちろん、使い方はオーナーさまの自由です。
sleep matをカフェで使うと ワンちゃんはより寛げるかな。
cafe matはおうちのベッドにひいてみてもかわいいかな。


パッチワークの裏生地によっても、雰囲気は随分変わります。
裏生地にキルト生地を使用すると、しかっりめに
薄い生地を使用すると、ふわふわ感が強く感じられます。


お好みに合わせて、用途に合わせて
選んでいただければ、と思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Private :

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
My dog noel&michel

カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
favorite shop
chocolateお勧めのSHOPです
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。